« 父の同窓会 | トップページ | スポーツマン »

2010年2月27日 (土)

日本が鎮まり返った日

初の頂上決戦に決着が付いた日。その直後に日本中が鎮まり返りました。

試合後のインタビュー、表彰式と映像は映し出されましたが、日本中が暗い気持ちになってしまうくらい影響力がありました。

男子の銅はあんなに物凄く輝いていたのに女子の銀は輝きを失っていました。

今、世界は物凄い戦いを観てしまいました。これまでにない物凄い高みの戦い。

採点がどうの、偉業がどうの、プレッシャーがどうの、全て無くしてしまうほどの戦い。

金も銀も銅も4位も5位も8位も、物凄かったです。

そして銀が輝くにはもう少し時間がかかるんだと思います。

それ以上に5位と8位は金以上の輝きを放っていました。結果なんか唯の贈り物に過ぎないんだというのを教えてくれた5位。見ている人たちを幸せにしてくれた8位。

この2人をもっと映像に映してもらいたい気持ちでいっぱいです。

銀が輝きを放つまでには時間がかかるでしょう。

|

« 父の同窓会 | トップページ | スポーツマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本が鎮まり返った日:

« 父の同窓会 | トップページ | スポーツマン »