« 足場を組んで吹抜けのガラス交換 | トップページ | 補聴器専門店「イマーゴ」 »

2010年4月22日 (木)

設計士の先生は

先日、室内のドアにガラスを取り付ける仕事をしてきました。

物凄く大きな家(どこかの社長さんの自宅らしい)で、完成間近の様で色々な業者の方が仕上げをしていました。

でも、物凄くピリピリしたムード。見ると一人だけ現場に似合わない格好をした方がいて職人さんのやる仕事に文句を言っていました。

どうやら設計士の先生らしく、自分の設計したとおりに施工しなかったらしく怒っていたのでした。

その先生がちょっと現場から離れた際にみんなで集まって話を聞いたのですが、設計どおり作ってしまうと水が逆流して排水できず室内が水浸しになってしまうとの事。だからきちんと施工したのに いくら説明しても解かってもらえず設計どおりに直せと言われたんだとか。

なぜ設計どおりにしないといけないかと言うと、その配管の上に設計士さんデザインの棚があってその配管が図面どおりでないとその棚が1センチずれてしまうとのことでした。

図面見せてもらうと確かに逆流は確実。よく申請図面が通ったなと思えるんですが、先生は逆流よりもデザインが崩れる方が問題だそうです。

施主が住んでからかわいそうだなと思いましたが、きっとそうなった場合、設計士の先生は職人のせいにするんだろうなとみんなで話しました。

最近デザイナーズハウスみたいにデザインにこだわった家があって、その中に今回のようなことでお施主様がかわいそうな設計が結構あるみたいだとニュースでやっていましたが、そんな矢先現実にぶつかると実感してしまいました。

よく見ると動線が無茶苦茶な家で、自慢のキッチンも食洗器が壊れたら修理不可能なやつだし(キッチン全部交換)掃除が物凄く大変そうだし、浴室も大理石ですが広すぎて寒いだろうなって感じでした。そして何より壁が白塗りで子供がいたら1ヶ月もしないうちに手垢だらけになるだろうなって感じの家。

先生戻ってきて写真をパチパチ写して「どうだ?すばらしい建物だろ?」だって。

デザインよりも住む人の快適性を重視するべきだと思うんですがね。一生に一度の買い物なんだから。

|

« 足場を組んで吹抜けのガラス交換 | トップページ | 補聴器専門店「イマーゴ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ガラス屋道場さんの絶妙な辛口タッチでの文章・・・「そうだ、その通り・・・」と心の中で言いながら、一気に読みました。 情景が目に浮かびます。

投稿: 大山街道 | 2010年4月23日 (金) 07時21分

設計の先生の逸話は他にも沢山あります。また後日書きますのでお楽しみに。

投稿: a1you | 2010年5月 1日 (土) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設計士の先生は:

« 足場を組んで吹抜けのガラス交換 | トップページ | 補聴器専門店「イマーゴ」 »