« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

恒例行事

毎年恒例の大騒ぎ!今日は何を隠そう8月31日。夏休み最終日です。

私の子供の頃から続く恒例の8月31日の宿題追い込み作業。

今年はハッパをかけて見事に終わらせた気がしていたんですが、ふたを開けてみれば大騒ぎ。

何だか今年から宿題の答え合せを夏休み中に親がやることになってるそうで、それを今日になって教えるものだからてんやわんや! 

「そんな事先生がやるもんだろう!」とか愚痴愚痴言いながらやっていると不思議なことを発見。

何と息子の宿題の回答が100点満点

「うちの息子に限ってそんなことは絶対に無い」という確信を持った夫婦は回答を良くみて見ると、一言一句違わない・・・。

「こらっ!お前答え写しただろう!」

「・・・

「何で国語の文章問題の答えが全く同じなんだ?感想を書きなさいって書いてあるのに何で解答にある例題が書かれてるんだ?」

「ごめんなさい、写しました・・・

親が答え合せしろってのはこういうことだったみたいです。

私が子供の頃も同じ事をした記憶があります。何も怒れない父親でした。

「お父さんちゃんと怒ってよ!」

「・・・。まあ、がんばれ!・・・」

「おとうさーん

ブログネタ: アリとキリギリス、どっちの生き方がいい? 参加数拍手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

長い旅

ブログネタ: 「昔はできたのに…」というのは、どんなこと?参加数拍手

大学生から社会人(独身時代)にかけてたくさん旅行に行きました。

北海道、東北、北陸、中部、関西、中国、九州、沖縄・・・。四国だけは行ったことがありません。

みんな1週間から1ヶ月ほどかけた旅行。バイクだったり、軽自動車だったり、電車だったり。

昔はみんなホッポり出して自分のやりたい事をやりました。

北海道なんてどのくらい行っていたのか記憶に無いくらいゆっくりでした。

今は行けません。と言うより行きません。

それはもっと楽しいことがここにあるからです。

その楽しさを分かち合う家族が「行こう」と言ったら行っちゃうかも知れませんけどね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

勝海舟神社

先日書いた「表に出ない仕事」の大山阿夫利神社の能舞台の隣に「勝海舟神社」があります。002_3小さいんですが、あの勝海舟を奉る神社の様です。 003_2元々東京の勝海舟ゆかりの地にあったものが道路の移転か何かでこの大山に移されたみたいです。

幕末のヒーローのひとりを奉るものが伊勢原にあるのも何かいい感じです。言い方が違うかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

噴火?

002 001 本日午後の大山から噴火!と、びっくりしたら入道雲でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

表に出ない仕事

Photo

大山阿夫利神社の社務所にある能舞台です。

先週末、この舞台で「ジャズ」の演奏会がありました。当日、ガラス修理する箇所があったのでその準備中に寸法を計りに行きました。

この舞台は15年くらい前にうちの得意先の大工さんが建てました。この舞台は池の上に建っています。物凄く素晴らしい日本の建築技術です。

うちの仕事は、と言うとこの写真には写っていません。

この能舞台は結構マスコミにも出るのですが、一度もうちの仕事した部分が映った事はありません。

それは、この能舞台が普段使われていないときに舞台を閉めておくために使われている「雨戸」だからです。マスコミが写すときはこの能舞台が使われているときだから、その時「雨戸」は外されて仕舞われています。

この「雨戸」は仕事をもらってから散々悩み、苦労して、製作して、工夫して取り付けたものです。

親の後を継いで間もない頃で、たぶん営業して廻って受注した初めての仕事だったと思います。

それはもう必死でした。

今では得意先のその大工さんは私を信頼して何でも相談してくれます。でもそれはこの最初の仕事を手を抜かず必死になってやりぬいたからだと思います。

「初心」

親の仕事を継いで20年近くになりますが、この建物を見るたびにそのことを思い出します。

でも、マスコミに一度くらい載ってみたいな、あの雨戸。

テレビに出たときにこどもに「ここお父さんが仕事やったんだよ」って話しても「どこ?」って聞かれて「う、映ってないけど・・・雨戸・・・」てな会話が今まで何回と無くありましたので。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

遊び疲れ

長男が夕べから熱を出しまして、38度。でも元気。

近くの小児科に行ったら「遊び疲れ」との診断。

夏休みにはしゃぎ過ぎた様です。

おい!来週学校始まるぞ!宿題終わってないぞ!早く熱下げないと、追い込み掛け損なうぞ。(経験者より)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

夏休み おさらい

3日間の連休を終え、今日からバッチリ現場。さすが休んじゃうと暑さがこたえます。

ホテルのバイキングで高カロリーな食事を計4食(夕食2回朝食2回)なので体重もバッチリ増えたんだと思いますが、既に午前中の仕事で搾り出しちゃったくらい汗びっしょりでした。

で、旅行の写真で携帯だと送るの大変でできなかったので、ここでまとめて載せます。

2010_007ホテル三日月のプール外観 2010_008 ワールドスクエアで補修していました 

2010_009日光東照宮 2010_9バンダイミュージアムでは等身大ガンダムのほかに「ザグ」だとかガンダムコーナーがあって子供よりも大人が「俺ここに一日いたい」とわがままを言っていました。 2010_14 そのバンダイミュージアムのある町は町の名前が「おもちゃのまち」でした。もちろん住所も「おもちゃのまち○○丁目」、マツキヨも「マツキヨおもちゃのまち店」、牛丼のすきやも「すきやおもちゃのまち店」でした。2010_50泊まった鬼怒川ホテル三日月です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

夏休み⑤

帰宅しました(^o^)
ホテルの温泉に朝からつかり、チェックアウト後『東武ワールドスクエア』に。
これがまた炎天下の中の見学で、熱中症にならないか心配しながらの見学。
見終わると雨が・・・。
暑いので恵みの雨でしたが、次の見学地の日光東照宮は小雨の見学。それも時間が遅くなったので鳥居くぐっただけで帰宅の途に着きました。
明日から現場です。
お休みに協力してくださった皆様ありがとうございました。
しっかり働きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

夏休み④

夏休み④
鬼怒川ホテル三日月に泊まり、バイキングの朝ご飯の後、三日月のプールには行かず、近くの『トリックアート美術館』に見学に行きました。
プールに一旦入ってしまうと、お昼ご飯を食べる為に外に出なくってはいけない上、再入場に一人300円かかると言う『不便』と言うか悪どいやり方なので、それならお昼ご飯食べてからプールにしようとなり午前中二三時間で観られる場所がここだったのです。
このトリックアート、予想外に面白かった。午後はいよいよ三日月のプールに入りました。へとへと(@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み③

夏休み③
日光江戸村にも行きました。(^o^)
江戸時代の姿をした人に最初はびびっていた息子たちですが、遠山の金さんの芝居(?)と言うかコント(?)と言うか、なもので大笑いして楽しくなったみたいです。
その後ホテル三日月に着きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

夏休み②

夏休み②
宇都宮に来たのでお昼は『ぎょうざ』です

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏休み①

夏休み①
今日から夏休み
まず壬生のおもちゃのまち『バンダイミュージアム』に来ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

夏休み

いよいよ明日から3日間の夏休みをいたします。

妻とこども3人と車で鬼怒川温泉の「ホテル三日月」まで行ってきます。

新しく「三日月グループ」特有の温泉プールが出来たので、3日間たっぷり遊びます。

携帯からブログ発信しますが、携帯から上手く記事載せれた例がないので、もしかしたら3日後に3日分まとめて記載 と言うことになるかもしれませんので。

では行ってきまーす!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

届きました「金ちゃんヌードル」

遂に届きました「金ちゃんヌードル」

ただ昨日のお知らせで訂正。「味噌味」と確認もせず書いてしまいましたが正しくは「カレー味」の金ちゃんヌードルでした。

こどもたちに「現場から戻ったときに3味一緒に食べよう」と出かけ、3時半ごろ戻りました。

003

すると「ジャーン」ありました「金ちゃんヌードル」しょうゆ味、カレー味、塩味。容器プラスチックなんです。

おやつの時間をとっくに過ぎていたのでこどもも限界。

お湯を入れて3分。

長男は既にしょうゆ味を手元に確保。

「感想をブログに書かなきゃいけないから、お父さんにもちょっと食べさせて」と頼むと「ちょっとならいいよ」と返事

3分たってそれぞれフタをあけました

とにかく、基本の「しょうゆ」の味見をと息子から受取ると、「ガーン」容器の中の麺の上に何やら黒い物体が・・・。

はしでつまんで見てみると、それは、な・な・な・なんと!私の天敵「しいたけ」じゃないか

もう、そこで思いっきりトーンダウン

妻はあわててバケツを用意し、いつでも準備万端(きのこ類の匂いだけで戻しちゃうもので・・・)妻もなれたもの。

まあ、食べてないので最悪の事態には至らず、しょうゆは息子他 妻と長女が食べました。私は塩味とカレー味を中身を確認して試食。

私「おっ!塩味が物凄く美味しい」

「本当?じゃあ塩食べてみる」と娘。「ホンとだ美味しい

ラーメン好きの長男は「しょうゆ、うっめー」と絶賛。

カレーもなかなかいけました。

あと3個づつ計9個残ってます。

もしかすると塩の取り合いかもしれません。

でも、神奈川では知りえなかったものを食べられてしあわせです。

おいちさん感謝です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

金ちゃんヌードル

ついについに手に入れました「金ちゃんヌードル」。訂正、注文してしまいました。です。

ココログのつぶやきに「おいちさん」がつぶやいているのを見て、その上、リクエストに答えてブログに写真まで載せていただいてから、もう食べたくて仕方ありませんでした。

伊勢原のスーパーをみて廻ったんですが見当たらないし、新宿や横浜に出かけるついでがここのところ無かったので、ネットで購入してしまいました。

しょうゆ味、味噌味、塩味の3種類あるみたいで、それの12個セットを購入しました。

明日とどきます。届いたら、早速食べてみます。

感想もブログに載せますので。

ブログネタ: お気に入りの国産食品教えて!参加数拍手

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

林が・・・

今日ショックなことがありました。それは現場の帰り。

たまたま行った現場から帰る近道に 毎年「カブトムシ」が採れる林の道を抜けていきました。

今年はなぜか「カブトムシ」を採りに行かなかったのですが、通り抜けてびっくり。

なんと林が無くなっていたのです。

細い道の海側の林がきれいに伐採されて、住宅開発のために整地されていました。

子供の頃から「カブトムシ」が採れる林と言う事で子供同士ではみんな知っていて代々こどもたちにつながってきた林。

今考えれば、その林は誰かの持ち物で、そこに代々子供たちが勝手に入って「カブトムシ」を採っていたところなので、不法侵入と言えばそれまでですが、まさかここまで開発の手が入るとは・・・。

近所の池や大山街道の不思議建物に続き、子供の頃からあった風景無くなっていく。

大ショックな出来事でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

読書感想文

お盆もおわり、我が家の保育園組(次男1名)は今日から保育園に預けられました。

本当はきのうも行くはずだったのですが「お兄ちゃんお姉ちゃんがどうも学校に行っている感じがしない」と悟ったのか、3日間休んだからなのか、朝から「お腹が痛い」と仮病を使い、保育園をサボりました。

次男がいなくなってもあとの2人が暴れまわるので店は大騒ぎです。

「どっか出かけろ!」「友達の家に遊びに行って来い!」と連呼していましたが、生憎友達が都合が付かない。お姉ちゃんにいたっては「みんな塾で遊んでもらえない」とのこと。

まあ、ここ2~3日の暑さはおかしい。外に出ていて慣れてるはずの私でさえ辛く感じます。

「外で遊べ」ってのも難しい。

それを理由に長男は現場に出かける私を横目にさっとDSを取り出してゲーム三昧です。

出かけた振りしてひょっと戻ってみせると「うわー」とか言って隠す始末。

「やるのは良いがやることやってからゲームやれ!宿題とかないのか?」

息子「あるよ」 私「じゃあやれよ」 息子「・・・」 私「何の宿題があるんだ」 息子「読書感想文」 私「・・・少しでいいからやれよ」

私にとって夏休みの宿題の読書感想文ほど難しい宿題はありませんでした。

「読んだ感想を書かなきゃいけない」これほど苦手なものはありませんでした。

読んで「○○のところが面白かったです。」これで私の読書感想文はいつも終わりでした。「読んだ感想なんて無いです」と書いて提出したこともあります。

「読書は自分が好きな読みたいものを読むものじゃないか」そういう考えの持ち主だったので苦労しました。

大人に成った今、色々な経験を積んできて、今でこそ姑息なテクニックを使い感想文なるものを書く事ができますが。こどものころは全く書けませんでした。

今でも基本的な考えは変わりません。姑息なテクニックが必要なものなんてこどもには必要ない。

息子に「ちゃんとやれ」とは言えません。

本は楽しく読むもの。嫌々読んでもその文章は印象に残らない。そう思ってしまうのは私が本当に本を沢山読んでこなかったからなんでしょうか?

ブログネタ: 一番手こずった「夏休みの宿題」といえば?参加数拍手

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

一番怖いもの

私は「ゲーム」と言うものが嫌いです。DSだとかPSPだとか、あのゲームです。

「自分がゲームをやらないからなんだ」とみんなには言われます。「やってみれば面白いって」とも。「やらないから面白さがわからないんだ」とも。

中学生のときインベーダーゲームが大流行し、同級生はみんな学校に隠れて喫茶店や本屋の隅でやっていましたが私はほとんどやりませんでした。1度もやらなかったわけではありませんが。

大学生になるとファミコンが大流行し、これまた大学生の仲間内で下宿先を使って夜通しファミコン大会とかが模様されましたが、これまた付き合い程度の乗り方でした。

決してやらなかったわけではありません。インベーダーゲームもパックマンもテトリスもマリオもファミスタプロ野球も一応はやりました。

今のこどもの様にゲームを持っていないと「仲間はずれ」になったり「イジメ」にあったりすることに理由は近いと思います。

ただ、今ほど陰湿ではなかったことがよかった(?)のかも知れません。

そのまま、大人になりましたが、DSだとかPSPだとかゲームセンターだとか全く興味が湧きません。

逆にこどもたちが一日中夢中になってやっているのを見るとかわいそうになってしまいます。口すっぱく時間制限を作っても取り上げても、やりたがります。

ゲームの何が嫌いか。

それはスイッチを入れなおせば再びリセットできると言うことです。

特に長男たちのやっているDSのゲームの中に「はい!死んだ」とか「殺せば簡単じゃん」とか言う会話がもの凄く出てきてしまうことです。

僕らの子供の頃も「仮面ライダーごっこ」や「ウルトラマンごっこ」なども正義の味方と悪者に分かれて「敵をやっつける」と言う遊びをしてきました。

体使って、棒切れなんか持って遣り合っているうちに、本気になって、そのうち取っ組み合いのけんかになってしまうことがほとんどで、それがいつも遊びの終わりでした。そしてまた次の日も同じ遊びをみんなでやってまたケンカして。

息子たちの言う「はい!死んだ」や「殺せば簡単じゃん」はゲーム機に向かって飛び交う言葉で、こどもたち同士で目を見合って言うことは無いように感じてしまいます。

きのう、終戦記念日でした。日本国中で正午に黙とうがささげられました(言葉的におかしいかもしれませんが)

また、先日NHKで「カラー映像でみる戦争」をやっていました。

息子には少しきついと思いましたが、横に座らせてみせました。

さすがにアウシュビッツ強制収容所でのユダヤ人を射殺するシーンはきつかったようで大声で泣いてしまいましたが、「これがお前たちの簡単に言葉にする『死ぬ』と言うことなんだ。『殺す』と言うことなんだ」と教えました。

息子が本当にわかったかどうかはわかりませんが、何かを感じた様でおじいちゃんにその後話をしていました。

そう言う私ももちろん戦争は知りません。

ただ、父や母や祖母らから戦争の辛かった思いやどんな生活だったかなど聞かされてきました。

戦争を知らない僕ら親世代とゲームの中で簡単に『殺す』を作り出せるこどもたち。

今、我が家には幼い頃に戦争を体験してきた父と母がいます。

まだ、大事なことを語り継げるはずです

そうしなければ本当に一番怖いものが始まる時代が再び来ないとも限らない。そうしては絶対にいけないんだと思っています。

ブログネタ: あなたが“一番怖いもの”は何?参加数拍手

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

休日

日曜日は定休日です。
昼間は来週とる夏休みの為の買い物に行きました。
そして、夕飯は自宅のベランダで焼肉バーベキュー+花火大会をやりました。
河原のバーベキューは一家揃って苦手なのですが、自宅のベランダならテーブル出して、いす出して、ホットプレート出せば簡単。
炭も興さなくて良いし、片付けも簡単だし、蚊取り線香あれば蚊にも刺され無いし、楽しいし。
花火は日産のエルグランドを店に見に行ったらプレゼントにこども三人分もらったのでやりました。
お盆だし、休日だし、夏休みのひとこまでした。
あー!うちの夏休みは来週だあ。今日はただの休日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

みんな働いている

今日は小学校にあるコミュニティークラブ(共働きの家庭の小学生を預かるところ)のガラス修理。

「お盆休まないで仕事しています」とか言って自分だけが働いているみたいな書き方してしまいましたが、このコミュニティークラブには今日も6人の子供が預けられていました。中には息子の同級生もいました。

学校からの帰り道、商店街を見てみるとみんな休まず仕事しています。

息子が遊びに行った同級生の家もお父さんは仕事でいないみたいです。

来週、1年のうち3回ある連休をとることができます。

休めることにも感謝しなくてはいけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

おしょろさん

今日は迎え火。

今年の「おしょろさん」は長男が作りました。私も子供の頃つくっていました。

001 

夕方、ご先祖様をお迎えする為に、みんなでお線香をもって、隣近所の家の前のおしょろさんにお線香をあげて回ります。

もちろん近所の人もみんな一緒に持って線香をあげて廻ります。

002

何処でもやっていることなんだと思っていましたら、妻は嫁に来て初めて知った風習らしく、最初の頃は驚いていました。

伊勢原周辺もしくは神奈川周辺くらいの風習なんですかね。

ブログネタ: あなたは霊を信じますか?参加数拍手

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

お盆はお休みしません

お盆です。今日あたりから世間はお盆休みの様で、ガラスやサッシのメーカーもお休みの為材料が入りません。

うちのお店もいつもはお盆を休みをとるのですが、今年はやめにしました。「やめにした」と言うよりずらしてお休みをとります。

理由はいくつかあります。

①お盆シーズンの料金が高いので家族5人(おじいちゃん、おばあちゃんは別行動)では毎年行っている年1回のお盆の旅行の予算が無い。

(1週間ずらすだけで料金が1/3になります)

②自営業だからこの際この利点を思いっきり利用しよう(他の商店会の仲間の真似)

サラリーマンや親会社とつながっている会社(店)には出来ませんが、休みを自分たちで決められる自営業の特権をここぞとばかりに持ち出しました。

③毎年必ずお盆休みが近づくと緊急の仕事を持ってくる人がいる

その期間に合わせたように現場が入り「明日から休みなのでお盆明けに」と言うと「お前は休みでもこっちは仕事してるんだよ」とか無理言う方が必ずいます。

大概そういう人ってその頃しか頼んでこない。他に断られてもしくは休みで電話がつながらず自宅と店の電話が同じ我が家にかけて来るんだと思います。

まあ、なんだかんだ言っても、ただお休みを1週間ずらすだけなんですがね。

予想通り、今日電話が入りました。

お客様「うちは休みじゃないんだから」

a1you「はい!うちも休まずやってますよ」

お客様「・・・。」

a1you「ガラス何処に取り付けに行きましょうか?」

お客様「いや、お盆中に壊すから、直ぐにはいらない」

a1you「え?お盆明けで良いんですか?」

お客様「・・・良い。・・・後でかけなおす」

それきりかかってきません。

お盆明けだと勝手に決めていたみたいで、いつもの台詞が出せず、消化不良だったみたいです。

良く考えたら、こういう人もここで休みませんが、他で休むんですよね。同じ手を使ったってところですかね。

我が家は本家です。生まれも育ちもこの家です。母親も平塚。妻も横浜。遠いところに帰省する必要がありません。

でも、子供の頃から帰省に「憧れ」?がありました。

くわしくは「田舎って何処?」を参照。(最近こればっかり!)

渋滞辛いんでしょうけどね。

ブログネタ: 「帰省」といえば?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

阿夫利(雨降り)山

Photo

台風が迫ってきている様です。日本海側を抜けてくれると神奈川県には良いんですが。(そちらの方には申し訳ないです)

ここのところ晴天でも大山には雨雲がかかっていたんですが、引っ張られてるんでしょうか雲が大山から引っ込んだ様に見えます。

阿夫利(雨降り)山なので、子供の頃から大山を見て天気の動きをみるくせが伊勢原市民にはついています。

僕ら伊勢原市民にとって大山は富士山よりもきれいな山なんだと思います。

子供の頃は富士山よりも大きくそびえて見えるこの大山を見て「富士山が日本一高いなんて絶対うそだね」とか思っていた頃もありました。

自分の行動範囲が小学校までの頃ですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

泣き顔

午前中、ひと現場終えて次にアパートのお風呂の扉の調子が悪いと言うので修理に向かいました。

移動は10分くらい

すると点けていたラジオのDJが「トイレの神様」を聞いてくださいと言っていました。それもフルコーラスで。9分以上あります。

私は「うわっ!まずいなぁ」と思いましたが、消すこともためらわれて聞き始めました。

理由は以前にお話した「トイレの神様」「我が家のトイレの神様」を参照ください。

現場まであと5分ちょっと。現場には約束に時間に不動産屋さんの担当者と入居者さんが待っています。

しかし時既に遅く私の目は真っ赤。

ラジオ消しちゃえばいいのに呪縛にかかって聞き入っていて、目は真っ赤。

頂点に達したところで現場に着きました。

「?どうした?」と不動産屋さん。

「な、何でもありません、急に花粉症みたいで・・・」と無茶苦茶な言い訳をしておりましたが明らかに泣きはらした顔なので、2人とも沈黙したままで作業する私を見つめていました。

何回聞いてもこの唄には慣れません。

意味わからない方は「トイレの神様」「我が家のトイレの神様」をご参照ください。

ブログネタ: 最近泣いたのはいつですか?参加数拍手

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

柿畑

001

我が家の「柿畑」です。ガラス屋なのに柿畑があるのです。

先日、父を手伝って消毒の準備をしました。でも、消毒をするのは私の両親(主に父)。私はやりませんと言うか出来ません。

父にとって この柿畑はとても大切な畑です。父だけでなく父の兄弟にとっても大切な畑のようで、子供の頃から本家の長男である私に父の兄弟は口をそろえて「この畑を手放すようなことはするな。この畑をつぶすな」と言われ続けてきました。

「こどもの私にそんな事言われても」と子供心に思い、ませて来た高校生の頃から社会人になって知恵を持つようになってからは「こんな畑やりたくもないし、売ればお金になるし」とか考えたこともありました。

そして秋になると、毎年、柿は我が家の「おやつ」でした。

こどもでお菓子を食べたい盛りに、秋になると毎日柿が出てきて食べさせられるのです。

これはもう拷問のようなもの。

今では食べたくもありません。

みんなに「こんなに美味しいのに」と言われますが自分から食べようとは思いません。

それでも最近「この畑を続けなくては」と 心の中に思うようになりました。

年をとったからなのでしょうか?親になったからなのでしょうか?

ブログネタ: 年を取ったなと感じるのはどんなとき?参加数拍手

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

人力エコ

日曜日長男と近くの公園に。他の家族は暑いから妻の実家のエアコンの中。
公園には休みだからなのか?暑いからなのか?誰もいません。
誰もいないから二人でブランコに。003
すると「あらっ!」涼しい!
自力でブランコを漕ぐと自力で風が起きるから涼しい。
人力エコです。
まあ、この歳のおやじが公園でブランコ乗ってるのは様になりませんが、誰もいないし、涼しいし、良いでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

寒い!

ずっと現場作業が続いていて、7月から片付けなくちゃならない事務仕事があったのですがなかなか出来ませんでした。

さすがにそろそろやらないとヤバイところだったので、今日現場が後回しできたので朝から事務処理に取り組みました。

ところが全然進まない。

妻や母が「暑いから」と気を使って事務所までエアコン付けてくれたので「寒い」。

設定温度は28度まで上げたのですが「寒い」、29度にあげました。でも寒い気が・・・。

10時半まで頑張ったのですが、ついに耐え切れず外へ。

うーん!いつもの環境は体が動く。7月よりなんか涼しくなってる気がします。

でも事務仕事やらなくちゃならないので再び中へ。

全然動けないし頭廻らないのでエアコンきりました。(店の方はついてます)

体が現場仕様になってる。暑くないと動けない。汗かいて水分ゴクゴク飲んでないと動けない。

事務仕事、遂にホッポり出して午後からは現場を探して出かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

大山は涼しい

今日の仕事は大山の住宅の改修工事でした。

家を出るときには既に汗だく。「今日も猛暑日か」と汗だくでトラックにサッシを積み込み、大山街道を登っていきました。

現場に着いて大工さんと話しながらサッシを降ろしました。

すると開口寸法よりもサッシの高さ寸法が2cmでかい あれっ?下枠の分を計算間違えて注文しちゃったみたい

泣きながら大工さんにどうしたら良いか相談すると「下のコンクリートハツレば良いじゃん」とあっけらかんと答えられました。そして「はいっ」とハツリ機 渡されて、そこからひたすらコンクリートのハツリ。

汗はダクダク流れ落ち、これだけで2㌔は痩せたでしょうってくらい汗だく。やっとの思いでハツリ終わってサッシを無事取り付けました。

お施主さんからお茶を出されて休憩していると、ふと気付きました。「涼しい」「暑くない」

大工さんに「涼しいよね」って聞くと「ここを何処だと思ってるの?大山だよ。夜なんか寒くって布団かぶって寝るんだから」だって。「でも暑いときは暑いけどね」とも。

伊勢原からたった10分坂を上っただけでこれだけ涼しけりゃぁ十分ですよ。

「今日は涼しい1日でした」とか言いながら坂を下って店に戻ると「暑い」

店番の妻も「今日は暑いね」だって。

大山は涼しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

子供の頃にしていた無茶なこと

ブログネタ: 【賞品付き】子どもの頃にしてた、今では考えられないことは?参加数拍手

子供の頃、テレビで「悪魔くん」とか言うアニメの実写版をやっていました。

その中に「メフィスト」とか言うおじさんが出てきました。

その「メフィスト」が傘をもってふわふわと降りてくるのです。

それを見ていた私は、本当に傘を持つとふわふわと降りてこれるのだと信じ、そして実行。

自宅の2階の窓から屋根の上に出て、傘をさして、ジャンプ!

その後の記憶は途切れています。ただ、自分の中ではふわふわと降りた気持ちでした。

聞くところによると、飛び降りた下に我が家のトラックがあり、その荷台に落っこちたらしく、そして「無傷」。

運があったんだとしか言い様がありません。

子供の頃の信じられない行動は子供ですから数えたらキリがありません。

店のガラスの破片を勝手に持ち出して近所の車のタイヤに刺したり、スーパーカーの写真を撮る為に東名高速の車線の中に入っていったり、まむしにうちわ一つで戦いを挑んだり・・・。

今、自分の子供がそんなことしたらと思うと「ぞっ!」とするようなことをしていました。

子供だからと大きな気持ちで見られるようなことではありませんが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

七不思議

きのうも一昨日も、杉並で「113歳くらいの高齢者が実は亡くなられていた」と言う怪事件が報道されてから出るは出るは100歳以上の行方不明者。静岡でも名古屋でもあっちでもこっちでも・・・。

今まで何を持って行政の人は確認と言うものをしてきたのでしょうか?まあ、役所の人たちだから仕方ないって言えば仕方ないですね。常識ずれてる人たちの集まりだし。

そんな中、気になって仕方ないのはインタビューにさんざん出てきた「杉並の七不思議のひとつ」。

七不思議って事はこの怪事件以外に六つの不思議なことがあるって事ですよね。

もうそれ以来、気になって、気になって。(何日かしてニッポン放送のうえちゃんが七不思議のうちの2つくらいを調べて話してくれたので、七不思議は存在するんだとわかりましたが)

私の「特技」と言うのには間違ってるかもしれませんが、大概こんなふうに興味の対象が核心からずれたところにいくのです。

スポーツ中継を見ていても、その試合ではなくベンチにいる人や応援席にいる人の動きに興味が行ったり、選挙速報で選挙事務所が映るとその右端にいる何かをメモしている人が気になったり・・・。

そんな時、大発見をして廻りの人に「あれ凄いことやってるよ」と言ってもほとんどの人がそこを見ていないので伝わりません。

例えばジャイアンツ戦でバックネット裏に何日も同じ人が座っていて、その人ばっかり気になってしまい、その人が試合中にビールを何杯飲んだだとか、ネット際まで出てきたのが何回だとか、どの選手に対して声援が大きいだとか、その隣りに連れてきている女の人が5日のうち2日違う女の人だとか。

これを「特技」と言ってくれる人は未だかつていません。

同調してくれた人もいません。

自分では特技だと思っているんですが・・・。

ブログネタ: ちょっと人と違うと思う、あなたの特技教えて!参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

商店街のこどもたち

こどもの夏休みの宿題に「たまごを使った料理を作る」というのがあるそうです。(女の子の家庭科)

我が家の娘のほか、我が「片町商店会」には商店の娘が4人同学年におります。

そのうちの3人が徒党を組んで、自分たちで商店会の中の割烹料理屋の息子(36歳)に交渉して、「たまご料理」を習いにきのう行ってきました。

おいおい!子供の夏休みの宿題をやるためにプロから教わったのかと、びっくりしましたが、自分たちで交渉し、話をまとめ、材料を用意し、と言う「手際の良さ」というか要領の良さに只只感心してしまいました。

習ったものは「オムライス」。それもプロが作る「オムライス」。たまごにスプーンを入れるととろとろのたまごが広がるあの「オムライス」です。Photo

「おいおい!そんなプロ仕様のもので学校大丈夫なのか?」心配になりましたが、さすが商人の子供たち、上手くできるまで何度もプロに試作させたみたいです。

最後は見事に自分で作って帰ってきました。

学校に提出する用紙に食べた人の感想を書かなきゃいけないんですが、どうしましょう

物凄く美味い。

そりゃぁそうです、プロに仕込まれてるんですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

桑田佳祐

先週、落ち込んでしまうくらい大きなニュースが入りました。

既に皆様ご存知の「桑田佳祐」の食道癌のお話。

私が中学1年生の頃、彼らは突然 僕らの前に登場してきました。それは衝撃的。

その頃私は友達の影響で「Alice」に夢中になっていた頃で、サザンをはじめてみた感想は「すげえ!」でした。

フォークソングを聞いていた子供が目の前でタンクトップにショートパンツでギター弾いて叫んでるお兄ちゃんたちに驚かない訳ありません。

でも私の中のサザンはそこで一旦終わり。次に出会うのは高校を卒業する頃になります。

卒業後厚木でアルバイトをしていた私は一人の先輩に出会いました。たしか日大生。その先輩から多くの刺激を受けました。社会のこと、人生のこと、遊びのこと、ナンパの仕方、車の乗り方、ファッションのこと、流行のこと、そしてサザンオールスターズのことです。

特にサザンは、それまで私がただ聞き流していた音楽だったものから、桑田の描く音楽の世界を興味深く教えてもらいました。

歌詞の楽しみ方、音階の楽しさ、そして桑田の凄さ。

そこからどっぷりサザンに浸かり続け20年以上がたちました。

「いつまでも走り続ける」そう思っていた桑田さんの突然の休息。

おととい、青年部バンドで急に歌いたくなって、アカペラで「旅姿六人衆」を歌いました。

突然のことで仲間からはかなり批判を浴び、今後の私のバンド活動に支障をきたす結果となってしまいましたが、こんな私のささやかな桑田さんへのエールです。

ゆっくり確実に直って戻ってくることを信じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

大納涼まつり+消防団

今日は一日。
きのうに引き続き商工会青年部の大納涼まつりでした。
また一日フランクフルト販売しました。
そして8時からは消防団の巡回もありました。
日曜日なのに忙しい一日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »