« 空2 | トップページ | 筋肉痛 »

2010年9月12日 (日)

親友

ココログの友達のコメントにちょこっと私の親友の話を書いたのでここで紹介します。

私の親友は高校時代からの悪友の友達でした。

大学を卒業して社会人になった頃、その悪友の家によく遊びに行っていて紹介されました。

最初は「親切なやつ」と言う印象だったと思います。

3人で車に乗って女友達を誘ってドライブに行ったり、カラオケいったり、大食い食堂に行ったり、男なのにケーキ食べ放題の店に行って気持ち悪くなって見たり、と、遊んでいました。

そのうち、悪友に彼女が出来たら一緒に遊ぶことが減ったせいで、そいつと2人で遊びに行くようになりました。

元々、私もそいつもバイク乗り。悪友はバイクに乗らなかったので2人になるとバイクでツーリングに行くようになりました。

とは言っても日帰りの範囲ですが。

一度、丹沢のヤビツ峠で私が地面にこぼれていたオイルに引っかかり転倒して対向車に突っ込んだ事があり、奇跡的に体は右足のひざの怪我と右肩脱臼程度で、バイクはハンドルバレーキレバーと足のクラッチチェンジレバーが折れた程度で助かったのですが、帰れない。

そこで私の壊れかけたバイクにやつが乗り、やつのバイクに私が乗って家まで帰ってきたことがあります。

それからバイクのレースを見るのも好きで鈴鹿、筑波、SUGO、富士などなどにGPを見に行ってました。

8耐を見たときなんて炎天下で夢中になって見ていて、帰りに日焼けに気付き(ほとんど火傷)次の日から仕事にいけなくなったこともあります。

そのうち私も妻と出会い結婚。それでも子供ができるまではレースを見に行っていました。

やつはと言えば、中卒と言う学歴の壁もあったせいか、おとなしい性格のせいか、容姿のせいか、知りませんが、全然彼女が出来ませんでした。私も悪友も随分と紹介したんですけど・・・。

こっちも子供ができてなかなか会うことが出来なくなった頃、やつから急に「結婚する」と連絡が入りました。

そのときは大喜びしたのですが、話を聞くと「結婚相談所」で紹介してもらったそうで、話を聞けば聞くほど「やめた方が良い」と言う感じの結婚話でした。

しかし、私は悪友の反対を押し切って「結婚」の方向に親友を勧めました。おとなしいやつが決めた「結婚」と言う大きな決断を認めてあげたかったからです。

やがて男の子が生まれ、やつも幸せな生活を送っていましたし、近所に住んでいたのでちょこちょこ会うことも増えました。

ところが結婚から2,3年すると結婚生活の愚痴が出だし、やつはとうとう「心の病」になってしまいました。そして離婚。

会社にも行けなくなり、生活が苦しかったので、私の店で働いてもらったこともありますが、「本人が会社に復職する」というので、またその決断を認めました。

我が家に長男が生まれ、1歳になった頃、仕事を終えアパートに帰って夕食をとっていると、悪友の奥さんから電話が入りました。

「○○さんが亡くなったって・・・」

奥さんも動揺していて、最初は何を言っているのか意味がさっぱりわからず、私も言葉の意味を信じようとせず、そして理解した時、ガタガタと体が震えているのがわかりました。

そばにいた妻に抱きかかえられ、床に座り込み、長女と長男が見ている前でわんわん泣いていました。

それから、会社から帰宅した悪友が車で迎えに来て、それでも泣き喚いている私を涙目の悪友が叱り、2人でやつの家に向かいました。

家にはお母さんがいて、お父さんがいて、弟がいて・・・。よく覚えていません。

通夜の夜、分かれた奥さんとその家族が来ていて、そのときの態度に葬儀中であることも忘れて・・・。

神様が力をくれるとしたら迷わず過去に戻る力を選びます。

そして、悪友が反対したあの結婚話のあの日に戻ってもう一度親友と話し合いをしたいです。

大切な友を亡くしてしまいました。

ブログネタ: 神様がくれるとしたら、どっちを選ぶ?参加数拍手

|

« 空2 | トップページ | 筋肉痛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいお話を聞かせて頂きました
大山街道も先日仲間達と箱根に行ってきましたが、仲間でも、ガンで亡くなった人・自分からあの世に行ってしまった人・交通事故で亡くなった人・・・など
名簿の人数が少しずつ減ってます・・「人生色々」神様に生かされている間は、精一杯生きようと思ってます・・・親友の話と少しズレたコメントになってしましました。

投稿: 大山街道 | 2010年9月13日 (月) 09時27分

大山街道様
時がたつと少しずつ親友のことも思い出さなくなってきます。
今回の話は親友を思い出すのにいい機会でした。
今年の命日に墓参り行くことも忘れていたくらいで・・・。悪友の方は欠かさず命日やお盆に顔を出しているみたいですが・・・。
そういうところが駄目ですね、私は・・・。

投稿: a1you | 2010年9月13日 (月) 13時19分

熊も16の時(暴走族仲間の悪友)を亡くしました
せいじとイイ熊のCBXの色違い青白を乗っていた奴です。二台でつるんでコンビにで4人でタムロしていた時、二人は後輩です。その1人がせいじさんと
ゆうきさん(熊の昔の名前極秘)どっちが早いですかと聞かれ熊はわかんねーと答えたらせいじが04すべーと県道254号の直線で赤白と青白のCBXの
競争の最中にやつは無灯火で走ってて、熊とほぼ差が無く並んで走って(160キロ位)その時!!
熊の左側を走ってたセイジの前に横から車が出て
来てそのまま運転席にドアに激突して頭を打ち
事故が起きました。その夜に息を引き取る寸前まで悪かったなって・・・でもあの時左側に熊なら
いろいろ考えて暫くの間立ち直れなかった時期も
ありました。でもセイジの自宅(焼き鳥や)に行ってとーちゃんかーちゃんにすいませんでしたと
熊が謝ったら、とーちゃんが仏壇の前でセイジもゆうきも楽しかったかと言われ泣きながらハイと
答えたらじゃ泣くな。また泊まりに遊びに来いと
言われ物凄く力がぬけて楽になりました。
熊はせいじんちのやきとりやでその後3ヶ月位
手伝ってとーちゃん、かーちゃんと一緒に毎日
めし食いながらせいじの話して泣いたり笑ったり
してました。相当長くなりそうなのでこの辺で
終ります。また胸が苦しくなった。(T___T;)

投稿: 熊 | 2010年9月17日 (金) 10時34分

熊さん
コメントありがとう
胸が苦しくなること書かせる記事書いてしまって申し訳ない。
この記事熊さんのブログに書いたコメントが切っ掛けで私の親友のこと思い出す為に書きました。
時間がたつと少しずつ思い出す数も少なくなってきます。
少しでも思い出す時間をもらえたことを熊さんには感謝しています。
お彼岸に墓参り言ってこなきゃ!

投稿: a1you(ガラス屋道場) | 2010年9月17日 (金) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親友:

« 空2 | トップページ | 筋肉痛 »