« 時期はずれ | トップページ | 長男の冒険 »

2012年5月 1日 (火)

安いと言うこと

ゴールデンウィークのはじめに関越自動車道でバスが大破し7人が亡くなる痛ましい事故が起きました。

安いツアーバス。長距離の深夜を一人だけの運転手。

安かろう、悪かろう、の典型の様な事故です。

少し前に起きた焼肉屋の食中毒事件もそう。

安さの向こうには何かがあって、安さの裏で犠牲になっている人がいるはずです。

売上げが落ちたのに、荒利だけが増え、トップばかりが高給をとり、その高給の影で泣かされる下職たち。

企業努力は優位に立つものの言い訳で、企業努力は優位に立つものにとっては不利な立場の者たちを脅し、優位な自分たちを守る道具なのだと思う。

その先にはユーザーが危険にさらされることがあるのに。

僕らの仲間にもホームセンターのエクステリアを取り付けている仲間がいて、「ここは付けちゃ不味いんじゃないの?」てな所に付けさせられたり、「こんな商品で大丈夫?みたいな製品のオンパレードだったりする」って嘆いてたな。

「仕事が無いから、物凄く叩かれてる(工賃)そういう仕事でも、やらないと食べていけないから・・・

建売の大工さんも、大手リフォーム会社の職人さんも、みんな上の人が高給取るための企業努力の影にいます。

前に地元の大工さんが開いた新築展示会で来たお客さんが

「ここは坪いくら?」と聞くので「坪45万円です」と答えると。

「うわっ!物凄く高い普通坪25万円とかだよね

「・・・」

テレビの宣伝で見る最低金額「○○~」を「標準」と思う世界。

その「標準」は危険と隣り合わせ打と気付くのは、危険なことが起きてからなのに。

|

« 時期はずれ | トップページ | 長男の冒険 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

10回くらい「いいね!」を押したい気持ちです。

投稿: SuperNonNon | 2012年5月 1日 (火) 22時07分

>「標準」は危険と隣り合わせ打と気付くのは、危険なことが起きてからなのに。

何時も、安いのは良い事だ・・もったいないは良い事だ・・と思っていましたが、このブログを読んで反省してます・・・。
親戚に工務店が有るんですよ、親戚付き合いで家を建てる時お願いするんですが・・親戚だけに、文句も言えず、高いても負けてとも言えず・・まあ、付き合いのうちと割り切っていたのです・・・
しかし、少しリホームした時その業者さんが・・しかり、出来た家ですねと褒められました・・

素人は「良い物は長持ちする」のが判らず、外見と価格で評価してしまいます。反省してます。

投稿: 大山街道 | 2012年5月 2日 (水) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安いと言うこと:

« 時期はずれ | トップページ | 長男の冒険 »