« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

北海道に行ってきました⑪

土砂降りの「ばんえい競馬」で全員惨敗の結果となりDscf0917札幌の飲み会がグレードがググッと下がることが決定しました。

と言うことで、時間は午後3時、ここから自動車道に乗って札幌まで走ります。

6時には着かないと宴会時間に間に合いません。

でも、ナビに出た到着時間は午後8時・・・
まあ、ここまでいい加減なナビ時間はまったく当てにならない事はわかっているので、「とにかくがんばって走る」ってことで一致。

若手の運転手はがんばりました

私は後部座席で居眠りしてたので、若手のがんばりは知らないんですが・・・

と言うことで無事6時札幌到着

宴会も旅行会社お勧めの居酒屋さんで無事出来ました。

ただ、「お勧め」だったはずの居酒屋の料理は以外にも「お勧め」ではありませんでした

ここまで北海道の食事全て美味しかったのに・・・

と言うことで2日目が終わりました。

最終日は旭川へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

北海道に行ってきました⑩

う~ん、あこがれの「ばんえい競馬」です

確か、「千春邸」を出たときは快晴だったんですが、ばんえい競馬場に付いた途端に空は真っ暗・・・今にもドバッと来そうな空模様・・・です。

毎回、旅行では「体験」をしていて、「長崎旅行」では「伊万里焼」体験、「沖縄旅行」では「琉球ガラス」づくり体験、そして「北海道旅行」はこの「ばんえい競馬」です。

予算の中から、一人1,000円をみんなに配り、この第一レースの馬券を買い、「万が一当たったら、今夜の呑み代にしよう~」と、もくろんでおりました.

しか~し、私は生まれてこの方「競馬」なるものをやったことがありませんDscf0899さっさと予想し馬券を購入する仲間たちを横目に「どうやって買うんだろう~」と困っておりました。

すると、受付のおばちゃんがこれをくれましたDsc01239
聞くと、ここ最近、「銀のさじ」とか言う漫画(アニメ?)の人気でこの「ばんえい競馬」に観光で来る客が多く、若者のデートスポットとかにもなっているらしい。
そのほとんどが「初心者」だそうで、私みたいな者は、いっぱいいるんだとか

たしかに、「銀のさじ」とやらは聞いたこともないんですが、「観光」は間違いありません。

そして、予想表を見ながら、がんばって購入した馬券がこちらDscf0903ほとんど、名前のイメージと直感で決めました

そして、いよいよレースと言うときになって外を見ると土砂降りDscf0901雨の中を馬たちがゲートに向かって行きます。Dscf0902通常はコースの間際まで行って声援を贈るみたいですが、土砂降りなのでスタンドにて観戦Dscf0906そして、運命の2時40分、土砂降りの中一斉にスタートしました。

ばんえい競馬は普通の競馬と違いコースは直線。
その途中2ヵ所が山になっていて、その山を乗り越えてゴールへと進みます。
そして、馬はソリのような台車を引いて、その台車にジョッキーが乗り、走るのです。Dscf0909これが、通常の競馬のようなスピード勝負でなく、ゆったりとした速さで進み、山越えに差し掛かると全馬があきらめたようにストップ。出走拒否って感じ。
そこにジョッキーが鞭を打って根性で山を乗り越えた馬が勝負を分ける、ものすごく面白い競馬でした。

Dscf0911結果は・・・Dscf0916惨敗・・・
誰一人として当たりませんでした・・・

夜の呑み代はみんな自腹です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

北海道に行ってきました⑨

なぜ、自動車道の終点(出発点)が足寄なのかは さて置き、千春邸で記念撮影を晴天の中で終えた一行はその「足寄」I.Cから自動車道に乗り、帯広に向かいました。

どうして「帯広」なのかと言うと、「ばんえい競馬」が見たかったからです。

でも、第一レースを調べたところ2時40分出走予定

それを見て札幌に6時前に着くにはかなりタイトなスケジュールです

それでも、「何とかなるでしょ」的な楽観視で帯広へ向かいました

そして、さすが北海道の自動車道、片側1車線。
乗った途端に目の前には大きなトラックを引っ張るレッカー車・・・

「一般道よりも遅いんじゃない・・・
と、思いながら、排気ガスの漂うレッカー車の後ろを走っていくと、ようやく2車線に。

すると、後ろについていた車全部が我先にと追い越しにかかり、レッカー車の後ろを走っていた我らが右車線に動く前に後ろの車が猛スピードで追い越しにかかり、危うく事故るところでした

無事、追い越し終わると、あっという間に1車線に戻りました
「こりゃあ、みんな追い越すタイミングが一瞬しかないから、大慌てで追い越すはずだ」
と、納得しながら、走り続けました。それでも、危険は変わりないんですが。

その後、帯広が近づくとみんなが一斉に
「空が広い
そう、つぶやきました。

さすが、北海道って感じの空。北海道に来たな~を思い切り感じることが出来る瞬間です。

やがて、帯広I.Cを降り、先ずは昼食

もちろん「豚丼
あっという間に食べちゃったので、写真写すのを忘れちゃったんですが
美味かった~

北海道は何食べても美味いね。

そして、Dscf0897やってきました「ばんえい競馬

では、あした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

北海道に行ってきました⑧

さあ、北海道旅行から帰ってもうすぐ2週間が経とうとしているのに、北海道旅行記は2日目が始まったばかりです。

その2日目は忘れもしない6月15日(日)
皆さんはこの日10時ごろ何をしていましたか?

思い出してみましょう、そう、「日本vsコートジボワール」ですね

私たちは屈斜路湖から阿寒湖に向かう峠を走りながら、途切れ途切れのカーラジオで聞いておりました。

そして、阿寒湖畔Dscf0889そのレンタル釣具の事務所を覗き込むと、本田が見事なゴールを決めておりました。

私たちは安心し、足寄へと向かったのです。その行く末を知ることなく・・・

しかし、それ以後、北海道のラジオ局に電波を合わせることが出来ず、車を走らせ、そして、ここに付いたのですDsc_0043そう、我らが松山千春生家

今回、他の団員の反対を押し切って、部長権限を行使し、行きたかった場所がここ。

昭和40年生まれの私にとって、千春は中学・高校とスーパースターです。
(ただし、あこがれた時代はこの写真の左側の絵の方)

もちろん今は留守番さんしかいらっしゃらないようですが

子供の頃からあこがれた「足寄」と言う町。

ここまで女満別~知床~川湯温泉~屈斜路湖~阿寒湖と走ってきましたが、この足寄だけやけに町が整備されてる気がしたのは私だけでしょうか

そして、ここから高速道路が札幌とかまでつながってるんですが、なぜその先端がこの足寄なんでしょう

帯広から急に北に曲がって足寄に延びてるんですよね。不思議・・・
帯広からそのまま釧路だとか、それこそ知床に延びるものだと思ったのは私だけ・・・。

あまり、ふれちゃいけない北海道の部分かもしれないので、この辺にしておきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

起きれるんじゃん

一旦「北海道」話は休憩します。

で、きのうは日本国民が早起きでしたね。

たまにはこういう事も良いかもしれないですね。

何しろ、我が家は小学生の次男坊が、自分で目覚ましをセットして、目覚ましで起きて、日本の行く末を登校時間まで見ていました。

起きれるんじゃん

だったら、普段も文句言わずに起きなさい

そう言われた子供たちがきのう日本中にどれくらいいたでしょうか

ちなみに長男は次男に起こされ、無理やりテレビを見ておりました

と、後から起きた私は妻から聞かされました。

あれ、次男坊、サッカーなんて興味あったっけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

北海道に行ってきました⑦

さあ、ダラダラ書いておりますが、ようやく2日目スタート。

川湯温泉から札幌までの大移動の一日です。

もちろん温泉旅館なので、朝風呂はもちろん入りました。
そして、朝食前に周辺のお散歩Dscf0867
Dscf0865するとDscf0873「大鵬横綱記念館」なるもの発見
大横綱「大鵬」はこの川湯温泉の出身だったんですね。
ただ、早朝なので閉館時間でした。

そして、8時30分出発

旅行会社さんが言うには、「
川湯温泉から札幌の移動は丸1日かかるので、川湯温泉の周辺の湖を見たらあとはひたすら移動、午後6時までに札幌に到着しないと宴会予約時間に間に合わないですよ
だと言われたんですが・・・

どうしても帯広の「ばんえい競馬」を見たい
と言う私の個人的な希望で2日目の行程を強引に変更しました

予定では摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖、硫黄山を周って、足寄から自動車道に乗って、札幌でした。

そこで、摩周湖と硫黄山はカット

足寄に向かう道沿いの屈斜路湖、阿寒湖だけ見ていこうとなりました。Dscf0877先ずは屈斜路湖Dscf0882屈斜路湖といえば「クッシー」だそうですDscf0886そこでちょっと遊ぶDscf0879でも、大きくきれいな湖でした。Dscf0875波打ち際の砂を掘ると「お湯」
温泉なんですね、ここ、川湯からそんなに離れてないので、そこらじゅうから温泉出てるみたいです。

そして、次「阿寒湖」Dscf0887ここで、少しお土産屋さんを覗きます(冷やかし)。

阿寒湖では最近、外来種のザリガニが繁殖してしまい、湖底の「まりも」を食べちゃうとかで、問題になっているそうです。

てな事で、長くなったので今日は「落ち」もなく、ここまでにします。

明日は今回の旅行のメイン(私だけかも


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

北海道に行ってきました⑥

知床を満喫(曇ってたけど)して、今日のお宿「川湯温泉」に向かいます。

とは言ってもまだ知床。
いきなりDscf0864が道路わきに登場

雨が多かったせいかすごい滝の水量です。

一生懸命30年前の記憶をたどったんですが、こんな風に見えた記憶が無い。
「もしかするとこの海沿いの道が後から出来たのかもしれない」なんて勝手に記憶をたどりながら、しばらくすごい滝に見とれてしまいました。

さあ、ここから約70キロ車を走らせ川湯温泉に。

目的の川湯温泉は屈斜路湖や摩周湖などの中にある温泉Dscf0866その名のとおり旅館の前を流れる川からは湯気が立ち、硫黄の香りがしております。Dscf0869男ばかりなので誰も浸かりませんが川の中には「足湯」もありました。

さあ、これで北海道1日目が終わります。

旅館の温泉は硫黄泉の酸性湯。Ph2.0とかでコンクリートが砂に戻ってしまうくらいだとか。

ものすごく良いお湯でした。

旅館の宿泊客は年配の方がほとんどで、宴会場で大騒ぎしていましたが、夕飯の後、みんなで温泉街に呑みに出かけたんですが、土曜日だというのに人は歩いておらず、一番近くのスナックに入ると貸切でした

スナックの人曰く「今はみんな畑が忙しいから、畑が出来ない冬じゃないと込まないんだよね」だそうです。

呑んで、カラオケを熱唱した後、店を出て、「コンビニに行ってから帰るから」というと「どうせお客さん来ないから車で送ってあげる」とマスターがコンビにまで乗せて行ってくれました。

それから、みんなが「ラーメン食べる」と言い出すと、これまたマスターが知り合いのお店まで乗せて行ってくれました。親切だな~

すると、その店にはたくさんのお客さんで賑わっていました
賑わっているところを調べずに、誰も行かない方に行ってたんだな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

北海道に行ってきました⑤

90分間の知床観光船で海からの知床観光の後は、知床五湖に向かいます。

この時点で、船酔い団員1名かなりつらそう。車酔いもするそうで・・・。

てなことはお構いなしに知床五湖へ快走しているとDscf0851
キタキツネ登場
でも、かなりやせ細っております。こいつ以外にももう一匹出くわしました。

その後Dscf0852蝦夷鹿登場
3頭いたんですが、2頭しか入らず、それでも、目の前に止まったんですが、彼らまったく動じず。対向車に観光バスが来て、乗客が大興奮していたので、僕らは退散。

この勢いでヒグマ見れないかと期待したんですが、そう簡単にはいかないものです。

そして、知床五湖に到着。ここには有料(一人5000円)でガイドさんが案内してくれてヒグマの生息地内の森を歩くコースと、知床一湖だけを勝手に見に行ける安全な遊歩道が作られていてそこを歩いて一湖を見に行くコースがあり、当然、時間もお金もない(うにいくら丼で使い果たしたから)私たちは、遊歩道を行きました。

Dscf0855
Dscf0859
これがまたすばらしい景観。そして、上の写真の湖のほとりにも蝦夷鹿がしっかりいました。

きのうも言いましたが知床は30年ぶり。
でも、30年前こんな良い施設は絶対に無かった。
世界遺産になったからこそ出来た遊歩道なんでしょうね。Dsc_0038
Dsc_0040
Dscf0862
山にかかっていた雲もいつの間にか取れて、ますます満喫Dscf0856
帰ってきてから、これらの写真をみんなに見せたら、船酔いの彼はしみじみ
「こんなに良い所だったんだ~」とつぶやいておりました・・・

海上から見えた「カムイワッカの滝」へも今では車で行く道が出来ているそうで、ちょっと行きたかったんですが、時間が無いのであきらめました。
確か30年前に来た時は、散々山を登りトレッキングしてたどり着く「幻の滝」だった気がしたんですけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

北海道に行ってきました④

さあ、知床の観光船に乗って知床遊覧です。

私自身知床に来たのは約30年ぶり、20歳頃に車で北海道を周って以来です。

Dsc_0036
旅行会社が知床観光船を予約しておいてくれたんですが、天気は生憎の曇り空、時々雨って状態です。Dscf0847それでも甲板に出て知床を堪能したい
港から約90分間の知床めぐりスタート。

私たちが乗ったのは大型観光船ですが、その観光船のそばを小さな観光ボートが勢いよく進んでいきました。
そして、さすがに小さいボート、知床の滝などの間際まで近寄っていました。Dscf0845「あっちにすればよかった・・・
とかぶつくさ言っていたら、一人の団員が
「この船でさえ船酔いしそうなのに・・・あっちは絶対に無理・・・」と今にも・・・な状態でつぶやきました

私はまったく乗り物酔いというものを経験したことが無いので、彼の状況を考えもしなかったので部長として反省

でも、一人なら、絶対そっちに乗ります
Dscf0849
やがて船は折り返し地点の「カムイワッカの滝」に
ここをバックに集合写真撮ろうと思っていたんですが、誰一人言うことを聞いてくれず断念

Dscf0843_2
Dscf0846
もう少し先に進むコースだとヒグマに合える確立が高くなったみたいなんですが、時間的にここまで。

知床はさすが世界遺産。すばらしいところでした。ただし、晴れてれば

次に知床に来るときには晴れた日に絶対来たい




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

北海道に行ってきました③

 さあ、レンタカーで知床へ。

伊勢原は快晴、暑い、とのことですが、女満別は雨が降りだしました
おいおい、「梅雨が無い」北海道を選んだのに・・・。

レンタカーはマツダのアクセラ1500cc(黒)2台。

運転手は若手団員の2人。道路はほとんど直線。Dscf0841
でも、お巡りさん怖いので、それなりに安全運転。

すると、後方からものすごく地元の車に煽られ、そして、あっと言う間に追い抜かれました。

あれは100キロ以上出てるよな~、一般道路だよな~。制限速度50キロって出てるよな~、さすが北海道、きっと地元の人たちは一般道路も高速道路も同じなんだろうな~

と言うことで、知床まで先ずは距離100キロ、観光船に乗る為の受付時間が12時15分、それまでに付かなければなりません。

ところが、設定したナビの到着予想時刻は午後2時半。

え~午後2時半~、間に合わないジャン

あせりながら、走ると何のことは無い、11時半には到着しました

ナビ短縮すること3時間。どうなってるんだこのナビ

そして、何と無く、ナビのアナウンスの女性のイントネーションがおかしい。なまってる感じ。

さすが北海道

と言うことで知床観光船に乗る前に昼食です。

お店も若いやつらに調べさせておいたのでそこに直行。

知床の「一休屋」さん。

目的は「うにいくら丼」Dsc_0035
じゃ~ん
いくらすると思います
3000円でございますよ

知らなかったとはいえ、若いやつらに「たけ~」と文句言ったら、「ちゃんと予算に書いておきました~」だって。

観光船受付時間まで30分。ところが出てこない・・・「うにいくら丼」

そして、12時5分出てきました。
ぎりぎり

3000円を堪能する余裕も無く、急いで食べて、観光船へ向かいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

北海道に行ってきました②

羽田空港に着くと6時少し前、確かに駐車場は込んでいました。

初日は羽田から女満別空港に飛びます。

出発ロビーで座って、搭乗を待っていると、目の前に2機のJAL

片方は普通の大きさ、そしてもう片方は・・・ちっちゃい

みんなで冗談で「このちっちゃい飛行機で行くんだぞ」とか笑っていたんですが・・・

搭乗開始になり、飛行機へと連絡通路を歩いていくと、最後の乗り込む直前から急坂・・・

冗談ではありませんでした。

さすが女満別空港行きDsc_0028

それでも、心配していた揺れはほとんど無く、眼下にスカイツリーや遠くに富士山を眺めながら女満別空港へ向かいました。Dscf0839

Dsc_0029毎回楽しみにしている機内の放送「JAL寄席」今回はDsc_0032このお二方で、笑いをこらえました。

いよいよ、女満別でレンタカーを借りて知床観光へ。Dsc_0034




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

北海道に行ってきました①

小学生の頃、遠足の前の日は眠れませんでした。
それは、大人になると無くなるものかと思っていましたが、もうすぐ半世紀、これっぽっちも変わりません。

集合は午前4時半。
数日前までは午前5時だったんですが、旅行会社の担当が
「最近の羽田は駐車場がやたらと込むんですよ、ましてや土曜日なんで少し早めに出たほうが良いですよ」と、言うもので、
急遽30分早まったのです。

寝坊したらどうしよう・・・
と言う心配の元、布団に入りましたが、これがなかなか寝付けず、眠ったと思ったらすぐに目覚める始末。

何度も言うようですがもうすぐ生まれて半世紀・・・

妻には迷惑がかけられないので、枕元に携帯電話を置きアラームを3時20分にセット

そして、目覚めたのは3時19分でした

アラームが鳴ることなく、着替えを済ませ、歯を磨き、トイレにも行き、4時半の集合場所に行きために4時15分に家を出ました

数歩歩いたところに車が近寄ってきて・・・

集合場所にいるはずの若手の車でした

聞けば眠れず、2時半から動いていて、待ちきれず迎えに来たとのこと。

おいおい・・・

そして、誰一人遅れることなく、と言うより、集合時間より遥かに早くみんなが集まり出発いたしました。

羽田7:30発女満別行き(なぜ4時半集合なんだ・・・)

そして、ものすごく小さな飛行機でした。

さあ、出発です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

北海道に行ってきました(準備編)

消防団で2泊3日の北海道旅行に行ってきました

本来、消防団の旅行は毎年2月~3月の比較的「暇」な時期に行くんですが、今年はちょうどその時期に前部長が病気になってしまった事と消費税増税や大雪の影響で旅行に行ける状況では無かったこともあり、この6月となったのです。

ただし、4月~7月は消防団にとってイベント盛りだくさんな時期で、ほとんどピンポイントで何もないこの週を探し、旅行を組んだのです。

決めたのは4月になってから。

先ずは行き先。

福岡、熊本、松山、金沢、大阪・・・色々とみんなが行きたいところを上げましたが、6月の梅雨の時期に当たらない所と言う事で「梅雨の無い北海道」に決まりました。

そこからがたいへん。
北海道は広い。

僕ら高齢団員は
「札幌や小樽や函館は結構行ってるので、知床方面や十勝方面が良い、それから良い温泉に入りたい」と言うし、

その反面、若い子達は
「北海道なんて高校の修学旅行で行っただけなので、先ず札幌や旭山動物園に行きたい」と言うし。

両方とも叶えるなんて無理

総移動距離が半端じゃない。
「るるぶ」に載ってたんですが、知床から小樽に至っては、東京から大阪に匹敵する距離だとか・・・

そんな距離、新幹線や飛行機じゃなきゃ、無理

しかし、どちらも譲らない・・・

すると若い子達が、一生懸命調べたようで、初日を知床、2日目を大移動で札幌、最終日に旭川というプランを立ててきました。

そして、一言「僕ら死に物狂いでレンタカー運転しますから

と言うことで、2泊3日強行大移動北海道旅行は決まったのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

「北海道に行ってきました」を書こうと思ったんですが・・・

予告通り、北海道旅行のお話をしようと思ったのですが、さすがに土曜日と月曜日お店を休んだつけはありました・・・

申し訳ありませんが、明日以降に延期いたします。

とりあえず、早朝4時半に出発し、我が伊勢原の大山に見送られながら出発しましたって写真を1枚Dscf0837

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

北海道3日目

2日目の大移動で札幌に宿泊

レンタカー(2台)を運転した若手の団員はさすがに疲れた(?)様子でしたが、そんなそぶりは微塵も見せず街に呑みに出かけて行きました

我々高齢団員は運転もしていないのにお疲れモ~ド

そして、最終日は札幌から旭川にこれまた2時間の移動。

目的はもちろん「旭山動物園」

男ばかりで「動物園」とは思った高齢団員ですが、これが又予想外に面白かった~

Dscf0941

そして、旭川空港から帰宅です。

今回、神奈川は3日間晴天で暑かったみたいですが、北海道はくもりのち時々雨でした。

伊勢原に戻ってから、「留守番」部隊と合流し、地元のお店でお土産渡しの留守番慰安会をして(どこまで呑むんだ)、消防北海道旅行は終わりました。

予告
明日から旅行記連載予定です。
あくまで「予定」ですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

北海道2日目

北海道二日目
世間はブラジル方面にに夢中ですが、こちらは川湯温泉に宿泊して、屈斜路湖ー阿寒湖ー足寄経由で十勝の「ばんえい競馬」を見て
1402875765971.jpg
そして札幌で宿泊、と移動距離のものすごい1日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

北海道

今日から3日間、消防団の研修旅行で北海道に来ています。

伊勢原市を早朝4時半出発

羽田から女満別空港へ。

初日は世界遺産「知床」

30年ぶりの知床を満喫いたしました。
1402755909888.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

まさに「夏」

Dsc01234
今日の空でございます by 宮ヶ瀬湖

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

アイドリングストップ

20歳の頃、日産のパルサーに乗っていました。

一生懸命アルバイトして買った車なんですが。

ある冬の朝、運転中に信号で停車すると突然エンジンが止まりました

あわててエンジンをかけると無事かかりました

しばらくして、信号で止まるとまたエンジンストップ

あわててかけると復活。

しばらく走るとエンジンが温まったからか、そういう現象は起きなくなりましたが、翌日もその後も走り始めはその現象が起きました。

アクセルから足を離し、エンジンの回転数が下がるとそのままエンジン停止してしまう状態でした。

これって今で言う「アイドリングストップ

ディーラーに持って行き、見てもらいましたが、もって行ってディーラーに付いた時点ではエンジンが温まっていてそういう現象が起きなかった為、
「どこも故障してないですね~
と冷たく返されてしまいました。

もちろん、その後も直らないので、ディーラーに「温まってからじゃ現象は出ないんです」と伝え、ディーラーに預けてみましたが、そういうときに限ってまったく現象は出ませんでした。

散々、見てもらい、手数料や疑わしい部品交換したお金だけ取られ、それでも直らず。

しばらくあきらめてその状態のまま乗り続けましたが、どうしても納得いかず、
考えた末、日産の本社に手紙を書いて送りました。

すると手紙を出した2日後くらいに、突然、日産の本社から「何とか部長」さんが家に来られ、一緒に連れてきたメカニックの人とパルサーのエンジンを確認し、一言
「やっぱり、これだ・・・
と言ったのです。

 「やっぱり

「何とか部長」さんは平謝りで、そのまま近くのテクニカルセンターまで持って行き、一時間ほどで戻ってきました。

それ以降、その現象は起きなくなり
「何とか部長」さん曰、
「どこどこの部品に不具合があり、稀にこう言った現象を引き起こすようなのです。
うちのディーラの者たちがそれをみる技術がなく、本当にご迷惑をおかけしました

そして、これまで支払った何万もの修理代を全て返してくれました。

今、「アイドリングストップ」の車がたくさん走っています。

でも、私はどうしてもあの時の事がトラウマのようにあって、「アイドリングストップ」付の車に乗りたくありません。

プリウスなどのハイブリッドに乗った時も同じ感覚になりましたので、駄目だと思います。

やっぱり、ゴツゴツした多少エンジン音のある軽トラックとかが合ってるかな

それと、その後ずっと乗っている自家用車は「日産」です
仕事の車も軽トラック以外はずっと「日産」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

晴れ、雨、晴れ、雨・・・

さすが「梅雨」

週末は雨とくもり

月曜は晴れ

火曜は雨のち晴れ

そして、今日は雨

明日は

絵文字使い放題ですな~

明日は出来れば、出来れば晴れが良い

完全に現場の都合ですが

でも、今週末は北海道に消防団の研修旅行に行くのでそっちは特に晴れてほしい

知床に行きま~す

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

新規

今朝の事。

現場が今日は9時からだったので、ゆっくりめの仕事始めでした。

すると、最近アルミサッシを注文してもらった大工さんが、その支払いに来てくれました。

この大工さんにはかれこれ5年以上通い、全然相手にしてもらえず、それでも、定期的に営業を続けて来ました。

そんな時、昨年偶然店の近所の知り合いの家の新築があり、小さな物置のアルミサッシを注文してもらいました。(もちろん、近所だったので大工さんも仕方なくだと思います)

その後、母屋は他のガラス屋さんが納めていたので、やっぱり取引はさせてもらえないんだな~
とガッカリしていたんですが、半年以上たった先月、突然連絡をもらい、増築のアルミサッシ2本注文してもらいました。

それでも、今回もまた何かの付き合いなんだろうな~
と思っていたんですが、
今朝、大工さんから『これから、自分の現場はあなたに頼むから 』と、言ってもらいました。。

5年以上の努力が報われた瞬間でした。

ただ、大事なのはこれからだと言うことも、これまでの経験上学んできた事です。

気を引き締めていかなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

梅雨の晴れ

朝から市役所の屋根についている天窓のフィルムの張替え工事

全部で50枚あるのでフィルム張り職人さんにお願いしました。

写真は後日載せますが、屋外工事で外注なので「雨」降られると困る~
ってな状況で、外注さんと相談して今日からって決めたんですが、
きのうまで梅雨の雨・・・

ものすごい不安の中今日の天気予報は午後から雨・・・

しかし
誰の行いが良いのか、見事に1日晴れました

おまけに古いフィルムを剥がす際、予想外に簡単に剥がれた為、
最低でも2日間かかる予定の工事が、今日一日で完了しました~

誰の行いが良かったんだろ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

休日

雨のフェスタの夜、PTAの
近年本部メンバーで、フェスタのお疲れと直前役員さんの慰労を兼ねた飲み会をやりました。

もちろん、このメンバーでは帰りは夜中

一夜明け、長男の部活はAチーム(一軍みたいなもの?)だけが練習試合に行く変なシステムの為、他の子達は部活休み。
(おかしな感じですが)

急にできた休日に、急遽妻の実家に

実家には義母が一人ですが、なかなか行けないので、妻は心配しています。

それが突然の休み。

妻も義母も大喜びでした。

長男の部活のシステムはいまいち納得できないんですが、妻にはたまには良かったようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

雨のフェスタ

梅雨に入り早々、長男の中学校での年間最大PTA主催行事「ふれあいフェスタ」がありました。

しかし、残念なことに「雨
それも、かなりな荒れ模様

晴れていたら、正門から入った広いスペースで売店を設置して行うのですが、雨の場合は昇降口まえのせまいピロティーと体育館が会場になります。

ピロティーは正門から入ったスペースとグラウンドをつなぐスペースなので、もろに風が吹き抜けます

暑いときにはものすごく涼しい場所なんですが、荒れた天気にはたいへん

私がPTA副会長の年に始まって以来初の雨が降り、経験の無いみんなで苦労したので、今回はまずその風をどうするかの対策から始まりました。

合羽を着て長靴を履いて現地集合。

木材で枠を作り、シートを結び、完全防備。

Dvc00003

天気のほうが良いに決まってますが、中学生たちは楽しんでくれたようです。

さあ、これからPTA本部メンバー(新旧いっしょに)で打ち上げで~す

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

やってきました

もちろん「梅雨」です。

現場調整が難しい季節になりました。

週間予報を見ながら悩むのですが、雨なら雨でいいのですが、「くもり」かも、って天気が一番悩む・・・。

週明けに早速それがやってきます。

雨さえ降らなければと祈ります。

そうそう、明日は長男の中学校の「ふれあいフェスタ」なんですが・・・

さすがの長男も明日ばかりは晴れにするのは難しいかな~

私もPTAOBでお団子売りでかんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

ガラス組合青年部定時総会

本日、ガラス組合青年部の定時総会でした。 1401982810405.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

怒り

きのう、9年前に吉田有希ちゃんを殺害した犯人が捕まり、その遺体も見つかりました。

生きていればうちの長女と同じ歳、高校1年生です。

そして、その前に厚木のアパートで自分の子供を餓死させた父親がつかまりました。

この子も生きていればうちの長男と同じ中学校1年生です。

もう、胸が締め付けられる思いです。

この「馬鹿ども」の気持ちなんてわかりたくもありません、狂ってる。

法律がどうとかわかりませんが、一生社会に復帰なんてしてほしくありません。

ここにも人権と言うものが存在するのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

暑い〜

6月って「夏」だっけ?

今日は少し気温が下がったかな

ガラス屋さんは長袖だからね(怪我しちゃうから)

真夏はTシャツで作業する時にジャンバーを羽織ります。

だから今日くらいの暑さは長袖のポロシャツです。

暑い〜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

一時代

原辰徳監督の父「原 貢」さんが亡くなられた。
ご冥福をお祈りいたします。

僕ら50歳前後の神奈川県民にとって東海大相模の原親子はスーパースター以外の何物でもありません。

野球を知り、テレビにかじりついて見始めた小学校時代、真夏のテレビ画面には神奈川には向かう所敵なしの東海大相模がありました。

原辰徳、村中、津末、森・・・
「T. O. K. A. I. と〜かいさがみ〜
野球を知り始めた小学生にはものすごくカッコ良く思えました。

中学に入ってから東海大学に進学した彼らに会いに友達と自転車で東海大学のグラウンドに行き、サインをお願いすると断られ、ものすごく原貢監督に怒られた事もありました。
(あれ?嫌な思い出じゃん)

それでも懲りずに通ったっけ

ご冥福をお祈りいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

早くも一本

毎日、部活と弁当を楽しみに中学に通う我が家の長男。

テニス部に入部して一月半。

覚悟はしていましたが、早くも一本ラケットを折ってきました。

折れた箇所を見るとグリップの所。

そんな所から折れる?
不思議に思ったのですが、素人の私達にはそう言うものなのかなぁ~程度でした。
長男に折った時の状況を聞いても大した悪さはしていない様子。

仕方がないし、無いと困るから、先輩に教わった専門店に行き、話すと定員さんもビックリ。
普通そんなところから折れないらしい。

買ったのは大型スポーツ店。
そう言う店は安いのには理由があるそうです。

勉強になりました。

そして、今回の方が安かったのも勉強になりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »