« 春の火災予防週間最終日 | トップページ | 士林市場 »

2016年3月 8日 (火)

恐怖の台湾タクシー

はい、台湾台北旅行記つづきます。

霧の九分観光を終え(あきらめ)、
循環バスで次の目的地「士林市場」に行こうと
バス停に向かうと、そこは大渋滞・・・

バス停にも行列が出来ていて、観光バスや観光できている車で山道はごった返しておりました

さすが台湾一の観光名所

するとそこにタクシーの運ちゃんが来て、日本語で営業してきました。

ガイドさんはバスで帰るからと突っぱねたのですが
この込み具合を嫌がった「野郎八人」は
ガイドさんの忠告も聞かず
せっせとタクシーの運ちゃんについていきました。

ガイドさん曰く
「台湾のタクシーは何時死んでもおかしくない・・・
とか心配そうに話します。

ただ、料金も循環バスで行くのとあまり変わらなかったし
何しろ「野郎八人」聞く耳持たず、とっととタクシーに乗り込みました。

目の前は霧の坂道
おまけに車でごった返しております・・・

タクシースタート

そこからはカーレーシングの車の中

ごった返す霧の坂道の車の合間を
ものすごい強引な割り込みを繰り返し、
ほとんど「Noブレーキ」で山道を駆け下ります。

「野郎八人」

「うぉ~
「ひえ~
「ギャ~

楽しいんだか、怖いんだか、なんだか

そして、ガイドさんも超驚く短時間で「士林市場」に到着したのでした・・・

ガイドさんに
「事故起こさないの
「かなり、やりますよ~。私なんか以前乗ったタクシーがバイクにぶつけてそのまま逃げちゃったことありますもん。お蔭で時間に間に合いましたけど。」

おいおい、そういう問題じゃないだろう

まあ、生きて無事「士林市場」に到着です

|

« 春の火災予防週間最終日 | トップページ | 士林市場 »

消防団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の台湾タクシー:

« 春の火災予防週間最終日 | トップページ | 士林市場 »