« 県立高校受験日 | トップページ | 床屋に行けていません »

2020年2月15日 (土)

ギリギリ

  学校の出入り口のカギの交換をしました。

以前どこかの業者なのかわかりませんが、ひどい修理をして、いい加減に戸車を交換したせいで、引き戸の建付けがぐちゃぐちゃで、そのまま鍵の開閉を繰り返していたため、鍵がおかしくなったのだと思います。
Dsc04383
Dsc04384

Dsc04376  

で、こうなると、ただ単純に鍵を新しく交換すれば良いってもんじゃない・・

偶然先月ここのガラスの修理を頼まれたので、その際に、どうやったら建付けが直せて、どうやったら鍵が素直にかけられるかを、ガラス修理しながら検討しました。

先ず、根本的に「戸車を正常なものに変える」

さらに「鍵をかえる位置に来ない要因を考え、その部分を改良する」

そして、ようやく鍵が入荷したため、学校の許可を得て、朝から引き戸を持ち帰り、店に戻って加工しました。

午後3時くらいに完了したので、学校にはめ込みに行きました。

そして、嵌め込んで、鍵を取り換えて、「完了!」

と、なるはずだったんですが・・・

まだ、何かがぶつかって鍵がかからない・・・( ;∀;)

さんざんあちこち確認し、削ったり、あて物をしたりしましたが全然原因がわからない。

だんだん辺りは暗くなってきて、先生方も学校の戸締りを始め・・・

週末なので、「できませんでした・・・」では済みません。

そして、なんと雨が降り出してしまいました。

作業するには屋根の下なので問題ないんですが、トラックの荷台にはむき出しの工具が乗っていて、シートなどは持っていなかったのでそのままずぶぬれ状態に。

さすがに困り果てた頃、何となく一部分のアルミを削ってみました。

すると今までのことが嘘のようにす~と鍵が締まりました。

「なんだよ~!そこかよ~!!」

これまで全然見当違いの方を削っていたので、こんな簡単な部分だとは思いもしないところ・・・

何とか無事作業が終わり、週末の施錠をすることができました。

いや~焦りました・・・

 

|

« 県立高校受験日 | トップページ | 床屋に行けていません »

鍵の修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県立高校受験日 | トップページ | 床屋に行けていません »