« 結果 | トップページ | 仕事して良かったぁ »

2020年11月 5日 (木)

安全

夜、自治会の役員会に商店会としての相談があり、商店会の役員で出席しました。

実は商店会の街路灯が30年物で「老朽化」しており、数カ所「自然落下」したのです。

その後の調査で、風雨による振動で固定してあるボルト部分が破損したものが多く、いつ落下してもおかしくない状況だそうで、かと言って今の弱体化した商店会に建て替える予算は皆無。

ただ被害が起こってからでは遅いため、一日でも早く撤去が必要です。

自治会長にはある程度下話をしておいてからの出席だったので、すんなり行くと思っていたら、手のひら返したような対応され、役員一同どうしたらいいかわからないまま返されました。

依頼内容は、撤去はやらないわけにいかないので、撤去後の暗くなった状態を「防犯灯」を増やすことで対応したい為、そのことを力のある自治会から市に嘆願協力をしてもらいたい、と言うものでした。

ところが、何を勘違いしたのか、自治会長から変な方向に持っていかれ、商店会としての対応を考え直さなくてはならなくなりました。

もう一度戻って話し合いなおしです。

なぜ、危険回避がわからないのか?が、わからない・・・

「面倒な仕事はしたくない」様な返され方でした。

|

« 結果 | トップページ | 仕事して良かったぁ »

商店会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結果 | トップページ | 仕事して良かったぁ »