ドアの工事

ドアを新しくしたり、直したり

2019年6月11日 (火)

勝手口ドア リフォーム工事

「勝手口ドアの防犯性を高くしたい」と言うお客様の依頼で
「防犯ガラス入り」で「格子がパンチングメタル」のリフォーム勝手口ドアの工事を行いました。

【施工前】
1_2
格子だけ変えられれば良かったんですが、このメーカーにパンチングメタル仕様が無いので(お施主様には重要ポイントでした)LIXILのリフォーム勝手口ドアを取り付けることになりました。

【施工後】
2_1

いつものカバー工法ですが、外壁材を工夫したので、意外ときれいに、そしてその分安く出来ました。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

リフォーム玄関ドア工事しました!

玄関ドアの取替え工事をしました

今回は6尺両袖ランマ付ポスト付です

【施工前】

1_1

【施工後】
2

1日で施工完了です!

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

YKK浴室中折れドア~カバー工法用

古い浴室入り口の中折れドアの取替え工事(カバー工法)をやるのですが
基本 LIXILのカバー工法用の材料を使い、ドアの取替え工事をしています。

この部材納まりは良いのですが、どうしても脱衣室側が15mmほど立ち上がってしまうので、お施主様には施工前にその部分を理解いただいて取付をしています。

でも、出来れば立ち上がりなんて無い方が良いに決まってます。

今回 特に 立ち上がりが無い様に出来ないかを考える現場でした。

そこで初めてYKKのリフォーム用取替え中折れドアを使ってみました。

使ったことのある仲間から
「いまいち納まり良くないよ
と、以前聞いていたので使ったことがなかったんですが
今回の納まりを見ていて何と無く「YKKの方が合うんじゃないか?」と思えて使ってみました。

正直上手くいかなかったらどうしようとも思ったんですが。

そして、結果は
「ものすごくバッチリFit

予想以上にきれいに納まり
そして、立ち上がりはゼロでした。

食わず嫌いじゃないですが、「何と無く」が上手く行って良かったです。

今後も現場状況に合わせられる製品レパートリーが増えました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

甘く見ていた・・・

今日の仕事は「鍵」の交換

今付いている鍵を外して新しい鍵に交換するだけなので、
簡単に終るつもりで現場に行ったのですが、
既存を取り外してみると穴の大きさが全然違う・・・

慌てて工具を取りに戻って、加工して、無事に完了出来ました。

なめてかかると痛い目をみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

玄関引戸鍵取り付け

1
古い玄関引戸に外から開閉できる鍵が無かったので
外から開閉できるを取り付けました
3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

採風勝手口ドアの歯車交換

採風勝手口ドアの歯車を交換しました。

交換には全部分解しなくてはいけません。
これが結構たいへん。

1545041902777.jpg
分解すると扉の中の上げ下げ窓を動かしている歯車がこんな風に欠けていました。

歯車を交換して、慎重に組み立て直して元通りにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

マンションドアのリフォーム

1541163547518.jpg
11月はサッシやドアの工事の予定が多く入っています。

その第一段がマンションのドアの交換。

もちろん『カバー工法』で行う工事。

今回はメーカーにお願いして工事してもらいました。

壊れて出入りが不便だったので、新しくなって快適になったはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

調査中

古くなって壊れてしまったドアの把手や鍵

4
でも古くなると同じものは廃盤になっていて生産していません

代替品も無いものが多く、加工して全然別のものを取り付けなければいけないんですが、これが加工するお金にかかってしまうので高額になります。

5
そこで寸法に近いキリカキ穴の見えにくいものを探すのですが、なかなか見つからない。

この「探す」手間に多くの時間がかかります。

この「時間」は金額になりません。
その「努力」もお客様にはなかなか御理解いただけないのが実情です。

目下数件の調査を実施中
(写真は実例とは関係ありませんので御注意)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

フロアヒンジ取替え工事

先日完了したフロアヒンジ交換です。

「フロアヒンジ」と言うのは、
マンションやお店などの入口ドアに使われている
床に埋め込まれている機械で
「丁番」と「ドアクローザ」の両方の役割を持っているものです。
1
それが長いこと使っていると
この様に中の機械から油が漏れて、
それが錆びてしまい、ボロボロになってしまいます
2
最初に油が漏れた時点で
ドアの閉まるスピードが急に速くなったりするので、
その時点で交換すれば中の機械だけの交換で済むのですが、
そのままほおっておくと周りのケースまでボロボロになるので
こうなると掘り起こして、ドアに付いている全ての金具ごと交換になります
(材料代も工賃もかなりかかります)
4
特に埋め込まれているものが廃盤だったりすると
全く違うものを埋めることになり
そうなると大きさが違ってくるので
周りのタイルまで掘って
フロアヒンジのケースを溶接して固定しないといけなくり
タイルの補修代までかかってしまいます。
5
今回は種類は違うんですが、同じサイズのケースだったのでタイルまで掘らずに済みました。

3
ところが
元々取り付けてあったフロアヒンジの施工がものすごくいい加減で
中心から1cmもずれていた為、
タイルのギリギリまでコンクリートを掘りなおして施工しなくてはならなくなりました

おまけに深さも浅くて・・・

何十年か前の施工ですが、施工したのは超有名ゼネコンさんだと言うのにひどいものです。

6
もちろん、今度はちゃんと取り付けました。

そのほかにドア本体に付いている金具も、全てこのヒンジにあわせて交換しました。

今度からはスムーズに快適に開閉します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

リフォーム玄関ドア「リシェント」工事しました

先日リフォーム玄関ドア「リシェント」の取替え工事をしました
1
施工前

4
リフォーム後

自分で言うのもなんですが、
今回の工事はかつて無いくらい上手くきれいにそしてセンス良く取り付けられました。

ただ、残念な事に建物が階段を数段下がった家なので
どうしても見下ろした感じでしか写真が写せなかったんです。

だから、完了して現物を見た感じと写した写真のギャップが激しくて
正直がっかりなんです。

でも、現物の仕上がりはなんですよ、本当に

| | コメント (0) | トラックバック (0)