鍵の修理

ドアや引戸などの鍵を新しく取り替えます

2020年2月15日 (土)

ギリギリ

  学校の出入り口のカギの交換をしました。

以前どこかの業者なのかわかりませんが、ひどい修理をして、いい加減に戸車を交換したせいで、引き戸の建付けがぐちゃぐちゃで、そのまま鍵の開閉を繰り返していたため、鍵がおかしくなったのだと思います。
Dsc04383
Dsc04384

Dsc04376  

で、こうなると、ただ単純に鍵を新しく交換すれば良いってもんじゃない・・

偶然先月ここのガラスの修理を頼まれたので、その際に、どうやったら建付けが直せて、どうやったら鍵が素直にかけられるかを、ガラス修理しながら検討しました。

先ず、根本的に「戸車を正常なものに変える」

さらに「鍵をかえる位置に来ない要因を考え、その部分を改良する」

そして、ようやく鍵が入荷したため、学校の許可を得て、朝から引き戸を持ち帰り、店に戻って加工しました。

午後3時くらいに完了したので、学校にはめ込みに行きました。

そして、嵌め込んで、鍵を取り換えて、「完了!」

と、なるはずだったんですが・・・

まだ、何かがぶつかって鍵がかからない・・・( ;∀;)

さんざんあちこち確認し、削ったり、あて物をしたりしましたが全然原因がわからない。

だんだん辺りは暗くなってきて、先生方も学校の戸締りを始め・・・

週末なので、「できませんでした・・・」では済みません。

そして、なんと雨が降り出してしまいました。

作業するには屋根の下なので問題ないんですが、トラックの荷台にはむき出しの工具が乗っていて、シートなどは持っていなかったのでそのままずぶぬれ状態に。

さすがに困り果てた頃、何となく一部分のアルミを削ってみました。

すると今までのことが嘘のようにす~と鍵が締まりました。

「なんだよ~!そこかよ~!!」

これまで全然見当違いの方を削っていたので、こんな簡単な部分だとは思いもしないところ・・・

何とか無事作業が終わり、週末の施錠をすることができました。

いや~焦りました・・・

 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

連荘

この写真全部 鍵を差し込んだら中で鍵が折れてしまった現場です

Dsc04181
Sl99-6
Dsc04279

どれも鍵の動きが悪いな~って思いながら使っていて、運の悪い人が最後の止めを刺しちゃったパターンです

中で折れると交換するしかないし、一番上のなんて鍵がかかった状態だと室内側からでも外せない状態だったので、最終的には切、扉と扉のあいだに切断機を差し込んでラッチ部分を切断しなくてはならない状態でした。

仕方ないんですが、あやし~と思ったら、とどめを刺す前に、呼んでくださいね

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

引き戸錠の交換工事

Dsc04247
この引戸の古い使い辛い鍵を

Dsc04249
この新しい鍵に取り替えました

ものすごく使いやすく、防犯性も高まりました

 

| | コメント (0)