ドアの修理

2020年6月13日 (土)

想定外

梅雨です!

雨です!

現場困ります!

とか思っていましたが、ちょうどアルミサッシの切詰作業をやるので、店の中の作業だから「雨でも平気」

そんなに手間はかからないから、朝から初めて「お昼には届けられるなぁ」なんて思っていたら・・・

ビスが圧着しちゃっていて外れない・・・

一番外さなきゃいけないその1本が外せない・・・

浸透潤滑液を滲み込ませて、時間をかけて、インパクトでたたいて、頑張ったけど、外れない・・・

それに「半日」かかってしまい、結果「外せませんでした」・・・

 

そこから、別にできる方法を探し、ようやくなんとかして、出来上がったのがもう夕方でした・・・

結局1日

雨も上がっておりました。

そこから納品しましたが、お客様の前でこの努力は見えていないので、料金には反映できませんし伝わらないだろうと思います。

かかった時間分だけ料金をいただきますが、割に合わない・・・

まあ、こんなことよくある事なんですけどねぇ

でも、なんとかできて良かったぁ

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

強風対策にレバーハンドル錠に取り換えました

会社の入り口ドアが、強風で開いてしまいガラスが破損するので、それを何とかして欲しい
との依頼!

Dsc04548
原因は「ラッチ」と言う 扉が閉まったときに引っかかるものが無いから風で開いてしまうので
このラッチ付きの鍵にすれば解決します

と言うことで、写真の棒状の把手を撤去し
Dsc04551 
把手が付いていた穴をプレートでふさぎ
レバーハンドル錠を取り付けました。

ラッチが掛かっていさえすれば、強風で扉が勝手に開くことも減ると思います。

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

職人のプライド

昼間に強風が吹くと、どこかでドアが思い切り開いて、ガラスが割れることがよくあります。

先日もそうでした。

大概は「大至急修理して!」と依頼され、大至急修理するのですが、
そのほとんどが、強風で開いた際にドアが何かにぶつかり「変形」してしまい、ガラス直しても、ドア自体の開閉に支障が出てしまいます。

緊急だとそれはとても直せないし、変形度合いによっては、もう交換しないと元通りにはならない場合があります。

以前にも話しましたが、枠と扉は基本的にセットなので、扉だけ別のものを持ってきてパッと付くことは不可能です。

「変形」をたたいたりして直せるかも、その「変形」がどう「変形」したかによって直せたり直せなかったり。

なので、基本的には「直せない場合が多いので、半分は(支障が出るのを)覚悟してください」みたいな話をして納得してもらいます。

今回は「支障が出るなら交換して」と言われました。

でも、支障が出るか出ないかは、分解してみて修理してみないことにはわかりません。

つまり一回修理してみる、そしてダメなら交換、みたいな流れ。

そうなると「修理代(数万円)」と「交換工事費(数十万円)」のダブルで費用が掛かってしまいますし、だからと言って「修理費」をタダになんて大損になるのでできません。

自分が客の立場だったら「納得」できませんが・・・

で、とりあえず「チャレンジ!」
Img_0712-002

分解し、変形したアルミの形状を見て、いろいろな方法を試し、それに合わせて補強部品を作り、取付けて、組み立てなおし、ガラスを取付け・・・

結果、多少の傷や変形跡はのこりましたが、無事「支障」が出る事無く、修理できました。

正直言うと途中「無理だな~」ってあきらめてたんですが・・・

ちょっとこの大変さは(数万円)だと損した感じですが、できました!
(職人のプライドが勝ちました~!)

| | コメント (2)

2020年4月15日 (水)

ドアクローザ交換

Dsc_0173_20200416205901

ドアクローザがボロボロになっていたのを新しいものに交換しました。

でも、交換後の新しい写真写すのを忘れました。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

リビング建材の戸車修理

Dsc_0180

リビング建材の戸車の修理してきました。

全然動かなくなっていたので、取り外して、まち針📍で戸車の芯に絡んだたくさんの髪の毛を地道に取りました。

リビング建材の戸車が動かないのは割れたりしたものでなければ、大概はこれが原因

地道な作業で新品の様に動きました。

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

ドアクローザの交換

ビスが馬鹿になって外れてしまったドアクローザを交換しました
1_20200123192601
ついていたのは万能型のドアクローザ
(個人的にこれ壊れやすい気がするので正直あまり好きではありません)
2_20200123192601
外してみるとこれまでかなり取り替えたか付け直しをしたのか
3_20200123192601
枠もドアも穴だらけ・・・

これでは、そのままビスを揉んだのでは同じ結果になるのは目に見えています

で、枠には鉄のLアングルを加工して取り付け
扉のほうも位置を変え、穴を避け、穴だらけの見えてしまう部分は板で隠しました
4_20200123192601

| | コメント (0)

2018年4月20日 (金)

オート丁番

1524234454736.jpg

得意先の市内の工場で,重いスチールドアのオート丁番が写真の様に根本から割けてしまいました。

 

 

こんなこと初めてです。(うちが付けたものではありません)

 

 

この工場のオート丁番を取り替えるのは確か4回目。

 

 

最初の交換の時から「こんなに早く壊れるの?」って思うほど古くないものでした。

 

 

なんとなく、最初の工事の時に駄目にしちゃったんじゃないか?と言う壊れかた。

 

壊れた丁番を外すと、枠に隠れている部分が予想外に丁番が切断されていたんです。

 

たぶん壊れた原因の一つは、
この切断の際に油圧が切断による熱で壊れてしまったのだと思うんです。

 

 

つまりは前に施工した業者がひどかったという事で。

 

 

高いものなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

強化ガラスドア修理

1522761810845.jpg

強化ガラスドアの建て付け調整をやりました。

 

 

両開きの入り口ドアで、しばらく閉めずに開けたままにしていたら、いざ閉めて見るとドアとドアがぶつかってしまい閉まらないのを、調整して治しました。

 

 

これはドアの上に付いている金物の中身。

 

 

このネジを回して建て付けを治します。

 

 

ただ、古いのでネジの部分が回らない

 

 

仕方ないので、分解して治しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)